中津南地区地域づくり協議会


・芸能祭実行委員長あいさつ
 実行委員長 水谷幸夫


・総合司会 副委員長 山内邦春


1.南さくら幼稚園sakura2017.2.5.pdf

2.神代獅子保存会kamiyo2017.pdf

3.第二中学校吹奏楽部secondbrass2017.pdf

4.実戸・昭和区さくら会minyo2017.pdf

5.中村民謡クラブminyo2017.pdf

6.一色民謡クラブminyo2017.pdf

7.観三会minyo2017.pdf

8.中津川太鼓保存会nakathutaiko2017.pdf

9.実戸レディーズsanto.lady2017.pdf

10.八幡神社総代会笹踊り保存会sasaodoli2017.pdf

11.恵那文楽保存会J.r文楽クラブenabunraku2017.pdf

12.AROHIRANI (アロヒラ二)alohirani2017.pdf

13.中山道輝響太鼓保存会kikyotaiko2017.pdf

14.実戸うたう会 santo2017.pdf

15.南小学校6年生minami.jr.pdf

16.全員合唱minami.jr.pdf


17..閉会のことば 南小学校校長 鎌田宮樹

■開会宣言 第二中学校校長 松井紀史郎


■受付け(社会福祉協議会と南支部で担当))


1.南さくら幼稚園sakura2017.2.5.pdf

2.神代獅子保存会kamiyo2017.pdf

3.第二中学校吹奏楽部secondbrass2017.pdf


4.実戸・昭和区さくら会minyo2017.pdf

5.中村民謡クラブminyo2017.pdf

6.一色民謡クラブminyo2017.pdf

7.観三会
minyo2017.pdf


8.中津川太鼓保存会nakathutaiko2017.pdf

9.実戸レディーズsanto.lady2017.pdf


10.八幡神社総代会笹踊り保存会sasaodoli2017.pdf

11.恵那文楽保存会J.r文楽クラブenabunraku2017.pdf

12.AROHIRANI (アロヒラ二)alohirani2017.pdf

3.中山道輝響太鼓保存会kikyotaiko2017.pdf

14.実戸うたう会santo2017.pdf

15.南小学校6年生minami.jr.pdf




















































































■平成29年2月5日(日)
 場所 中央公民館ホール

■第15回南地区三世代交流さわやか芸能フェスティバル開催

・第15回を迎えることができました南地区三世代交流さわやか芸能フェスティバル あいにくの天候の中でしたが、多くの人が訪れ無事終えることができました。
この日のために、各地区の集会場や中津川市の施設を利用して、頑張って練習を積み重ねてまいりました、出演された15団体のみなさん方。
また、協力して頂きました各団体のボランティアのみなさんありがとうございました。
芸能祭が末永く続けていけるようにこれからも応援をよろしくお願いします。



1.南さくら幼稚園
 さくら幼稚園では、年長組になると「鼓隊」や「和太鼓」を教え、市内のイベントに参加しています。
今回の芸能祭には、園児56名が和太鼓で演奏いたします。
第15回で演奏する曲は、
@DON-DODOON  Aさくら太鼓 B南中ソーラン の3曲です。
詳細は、sakura2017.2.5.pdf

2.神代獅子保存会

神代獅子保存会は、第9区が守っている獅子舞の保存会です。毎年八幡神社の10月5日開催の例大祭前の日曜日、子どもから大人まで総勢43名が八幡神社のお札をもって町内から市街地をお囃子を引きながら廻ります。昭和10年に復活させた保存会も昨年80周年を迎えることが出来ました。今後も引き続き活動して参ります。
今年度も昨年に続き、『神代獅子メドレー」を舞ます。
詳細は、
kamiyo2017.pdf

3.第二中学校吹奏楽部
演奏曲
 「となりのトトロコレクション」 「前前前世」
詳細は、
secondbrass2017.pdf

4.実戸・昭和区さくら会
      「まりと殿様」

5. 中村民謡クラブ
※昨年までは永楽会民謡クラブで出演していました。
   「お江戸日本橋」

6. 一色民謡クラブ
   「弥三郎節」

7.観三会
  仕舞  「高砂」 「連吟」 「猩々」

詳細は、
minyo2017.pdf

8. 中津川保存会
  「中津川太鼓メドレー」
昭和46年(1971年)に発足、南地区の子どもたちだけでなく、市内はもとより恵那市からも太鼓好きが集まって練習に励んでいます。「来る者拒まず」
詳細は、
nakathutaiko2017.pdf

9. 実戸レディーズ
  『南国の夜』 『バリバリの浜辺』 『ラブリーフラガール』
 平均年齢75歳で頑張っています。
詳細は、
santo.lady2017.pdf

10. 八幡神社総代会笹踊り保存会
 平成13年に復活、八幡神社の奉納踊りとして継承しています。八幡神社は、10の地区が毎年交代で当元を務めています。笹踊りは、当元の子どもたち、小学生12名が『拍子木』と『歌』に合わせて踊ります。
詳細は、
sasaodoli2017.pdf

11. 恵那文楽保存会J.r 文楽クラブ
         『寿式三番叟』
 第21区、かおれで継承されている恵那文楽、大正10年に復興して95年が経ちます。継承する目的でジュニア文楽教室を開校、子どもたちも『寿式三番叟』を披露できるまでになりました。
詳細は、
enabunraku2017.pdf

12. ALOHIRANI (アロヒラニ)
 フラチーム ALOHIRANIとは、ハワイ語で「まばゆい」空を意味します。
  演目 『HE AHOHA OEKA LEHUA E』 『Maui Loa』 『Kawaipunahele』
詳細は、
alohirani2017.pdf

13. 中山道輝響太鼓保存会
        『響』 『翔龍』 『龍道』
 2005年に発足、美濃の国、中山道中津川は、美しい山と景色、そして、水清らかに流れる地です。雄大な恵那山が輝き響く音を和太鼓に打ち表すという気持ちを込めて輝響太鼓と命名しました。
詳細は、
kikyotaiko2017.pdf

14.実戸うたう会
『青い山脈』 『りんごの唄』 『雪山賛歌』
 毎月1回開催される実戸区「しゃべろまいか」のサロンから生まれました。老若男女が集まって楽しく過ごすことを目的としています。
詳細は、
santo2017.pdf

15.南小学校6年生
      『船出の朝』
 6年間共に学び、生活し、成長してきたこの仲間と一緒に行動し生活できるのも残り僅かです。「助け合える友との思い出をいつまでも大切にしたい」
動画は、下記をクリック。
20170211-023542.mp4
16.全員合唱
『たきび』と『ふるさと』を全員で
  歌います。
詳細は、
minami.jr.pdf

■ 会場・駐車場・器材等の運搬、『南睦会』『南地区区長会』のみなさんの協力で行いました。


主催
南地区三世代交流さわやか芸能フェスティバル実行委員会
共催
南地区区長会
青少年健全育成推進市民会議中津支部南分会
中津川市社会福祉協議会南支部
中津川市南睦会
・このイベントの広報関係は、中津川市『地域交付金』を活用して行われました。

事務局の思い

■南地区三世代交流さわやか芸能フェスティバルも第15回を迎えることができました。途中1回、インフルエンザで中止になったこともありましたが、先輩区長さん達が立ち上げてくれた芸能祭、昨年から2団体が加わり15団体の参加となっております。
一見「まんねりか」と見受けられますが、出演している子ども達、幼稚園児、南小学校6年生、第二中学校吹奏楽部、笹踊りのみなさんは、毎年変わっています。また、他の出演団体に於いても成長が見られます。毎年同じことをやっていますが、実は中身を見ると大切なことなんだなーと思います。私達事務局は、芸能祭を絶やさないで、引き続き後世に継承する事の重要性を認識しています。